トイレのつまりを起こさないために

トイレのつまりを起こさないためには、トイレの特性を知っておくだけではなく、水に溶ける物と溶けない物との分別も必要になるのです。溶けるものであればいずれ溶けるのでつまりを起こしても問題ないのですが、溶けない物は何時まで経っても溶けない以上、つまりは自分で何とかするか、あるいはクラシアンを呼んで改善してもらうしかありません。

ついついなんでも流せるので捨てて良いのか分からないようなものをトイレに流してしまい、結果、トイレつまりを起こしてしまうケースもあるのですが、トイレはゴミ箱ではありません。

流せる物と流せない物があるということを頭に入れておきましょう。しかし、気を付けていても、それでもつまりを起こす可能性はあります。何らかの原因でつまりを起こしてしまった場合、不可抗力ではあるものの何かしらの対策を講じなければそのままですので、クラシアンを呼ぶなりすると良いでしょう。ちなみにクラシアンは24時間受け付けていますし、年中無休になりますのでお盆でも正月でも祝祭日でもいつでも受け付けてくれます。つまり、クラシアンの存在を知っていればいつトイレつまりを起こしたとしても慌てる必要はありませんので、緊急連絡先として覚えておくと良いでしょう。

PAGETOP