トイレのつまりはなぜ起きるの?

そもそもなぜトイレつまりが起きるのでしょうか。この問題が分かればトイレつまりをある程度未然に防ぐことが出来るようになると言っても良いのですが、トイレつまりの理由は案外単純です。時に大きな被害が出てしまうだけに理由も大変なものだろうと思っている人も多いかもしれませんが、実際には単純にキャパシティ以上の物を流そうとしたからです。トイレは様々なものを流せるとはいえ、現実的に大きさがあります。そのため、流れる物以上の大きさの物を流そうとすればつまりを起こすのは自然の摂理です。

理屈としては決して難しい話ではないのですが、流した物によっては水溶性であれば次第に溶けていきますのでつまりが勝手に改善されていくケースもあれば、水溶性ではない物を流してしまったがために、なかなか溶けないのでつまりも解消されないパターンもあります。特にティッシュペーパーです。トイレットペーパーは水溶性なので、仮に多くのトイレットペーパーを流したとしてもいずれ溶けますのでつまりも改善されていくでしょう。ですがティッシュペーパーの場合、水に溶けない物なのでいつまで経ってもつまりは解消されません。むしろ流そうとしてかえって悪循環に陥るケースもあるのです。

PAGETOP